名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

兄貴が「相続分のないことの証明書」という書類を送ってきた。どうする?

親が亡くなると、兄弟から

「相続分のないことの証明書」という書類を

送ってきて、

これに署名押印して返送してくれと言ってくる

ことがあります。

 

これに署名押印してしまうと、

自分は、親から十分なものを生前にもらっている

ので、

親から受け継ぐ財産はゼロですということを

自分で証明してしまったことになります。

 

相続放棄は、家庭裁判所に申請して行いますが、

この「相続分のないことの証明書」への署名押印は、

家庭裁判所を介さない事実上の相続放棄みたいな

ものです。

 

もちろん、他の兄弟に親の遺産を全て相続させ、

自分は何も相続するつもりはないということであれば、

これに署名押印して、兄弟に返送すれば良いことに

なります。

 

しかし、もし、そうでないならば、

安易に「相続分のないことの証明書」に署名押印すべき

ではありません。

署名押印せずに、きちんと遺産分協議をしようと

他の兄弟に提案すべきです。

遺産分割協議をしようという提案に他の兄弟が応じず、

それでも、きちんと遺産分割をして、もらえるものは

きちんともらいたいということであれば、

家庭裁判所遺産分割調停を申し立てることになります。