名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士(税理士業務名古屋国税局長通知)と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

連帯保証人になるということは、借金をするのと同じようなことという覚悟を持とう。

連帯保証人というものがあります。

保証人は、お金を借りた本人がお金を返せない

ときに、

本人に代わって借金を支払いますという約束を

する人ですが、連帯保証人保証人の一種です。

 

連帯保証人のどこが、ただの保証人と違うのかと

言いますと、

連帯保証人は、借金取りがやってきたときに、

本人に先に請求してくれと言えません

(「催告の抗弁権』が無い」と言います)

 

また、連帯保証人は、

本人が支払えるだけのお金を十分に持っていると

証明しても、借金取りからの請求を拒むことが

できません

(「検索の抗弁権』が無い」と言います)

 

更に、他にも連帯保証人がいるときに、

別の連帯保証人はお金持ちだから、

そちらに請求してくれとか、

自分は半分だけ払うので、残りを、そちらから

取ってくれとも言えません。

(「分別の利益』が無い」と言います)

 

つまり、連帯保証人は、借金取りから支払いを

請求されたときに、

言い分けが何もできず、請求どおりに支払う義務

があることになります。

 

なので、借金をする本人に、金銭的な余裕が大いに

ある場合を除いて、

連帯保証人になるということは、借金をするのと

同じようなことだという覚悟を持つ必要があります。

少なくとも、軽い気持ちで「ああ、いいよ」と

安易になるものではありません。