名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

土地が接面する道が建築基準法上の道路でなくても建物を建てられる場合はある(例外中の例外)

原則的には、土地は、道路に2m以上接して

いなければ建物を建てることができません。

すなわち、

このような土地に建物を建てたいと言って

建築確認申請をしても建築確認が下りません。

建築基準法43条1項本文)

 

そして、

この場合の道路とは、建築基準法42条

定められている道路であって、

42条で定められている要件を満たしていない道は

建築基準法上の道路ではなく、分かりやすく言うと

道路の形をした土地にすぎません

なので、このような道路の形をした土地に接面して

いても、

建築基準法上の道路には接面していない

として、建築確認が下りないことになります。

 

ただ、例外的に、このような道路の形をした土地

接面しているにすぎない場合であっても、

その道路の形をした土地が、幅員4m以上あって、

その土地を通行する利用者が少数であるものとして

用途及び規模に関し国土交通省令で定める基準

合致するもので、特定行政庁(担当の役所)が交通上、

防火上、衛生上支障がないと認めたものであれば、

建築確認が下ります。

建築基準法43条2項1号)

 

国土交通省令で定める基準とは、

① 農道その他これに類する公共の用に供する道

 となっているか、

あるいは、

② 両端が他の道路に接続し、道の交差・接続部分

 に隅切りがあり、砂利敷その他ぬかるみとならない

 構造で、縦断勾配が12%以下で階段状でなく、

 道及びこれに接する敷地内の排水に必要な側溝、

 街渠その他の施設を設けたものであること

などとなっています。

建築基準法施行規則10条の3第1項、

 建築基準法施行令144条の4第1項各号)

 

したがって、

接面する道が、建築基準法上の道路でなくても、

上記①か②であれば、県や市の建築課と交渉すれば

建物を建てることを認められる可能性があるので、

あとは交渉力と役所の判断しだいということに

なります。