名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

囲繞地通行権は、どこを通っても良いわけではない。

他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、

公道に至るため、

その土地を囲んでいる他の土地を通行することが

できます(民法210条1項)。

 

これを囲繞地通行権と言います。

 

つまり、道路に面していない土地の所有者は、

隣の土地を通って道路に出ることが権利として

認められています。

 

ただ、

囲繞地通行権については、「通行の場所及び

方法は、」「通行権を有する者のために必要

であり、かつ、他の土地のために損害が最も

少ないものを選ばなければならない。」

民法211条1項)

となっていますので、

たとえば、隣の土地の端っこの方を通って道路

に出ることができる場合に、

隣の土地の真ん中を通る権利までは無いという

ことになります。

 

更に、

囲繞地通行権を有する者は、「通行する他の土地

損害に対して償金を支払わなければならない。」

民法212条本文)

となっています。

すなわち、囲繞地通行権を行使することによって

隣の土地に何らかの損害が生じるような場合には

その損害について償金(要するに損害賠償)を

払わなければなりません。

他人の土地を自分のために勝手に使うことになる

ので、

これはしょうがないということになりましょうか。