名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

孫を養子にすると相続税で得をする?損をする?

孫を養子にすると相続税をする場合の

最大のものは、

相続財産が基礎控除の範囲内におさまって

非課税になる場合です。

 

相続税は、相続財産の価額が基礎控除の範囲内

ですと非課税になります。

基礎控除とは、

「3000万円+600万円×法定相続人の数」

です。

なので、孫を養子にすれば、法定相続人である

子の数が増えるので、

基礎控除の額が大きくなり、その分、相続税

非課税になる可能性が高くなるというわけです。

 

また、相続税では、生命保険、退職手当金の

非課税額が

「500万円×法定相続人の数」

となっているので、

孫を養子にして、法定相続人である子の数を

増やせば、ことらも非課税になる可能性が

高まります。

 

孫を養子にして相続税をすることになる

場合は、

孫を養子にしても、相続財産が基礎控除の範囲

を超え、非課税にならないような場合です。

 

通常、被相続人(亡くなった人)の養子は、

一親等の法定血族であり、相続税額の2割加算

対象になりませんが、

被相続人の養子となっている孫は、被相続人の子

が相続開始前に死亡した時や、相続権を失ったため

その孫が代襲して相続人となるときを除いて、

相続税額の2割加算の対象となります。

 

また、相続税回避のための養子縁組ということが

あからさまな場合、

税務署が相続税の計算上、法定相続人に含めることを

否認するという可能性もゼロではありません。

もし、このようなハメになって、あくまでも

税務署の見解に対抗するということであれば、

税務署を相手として、審判裁判をするということに

なってきます。

 

得をすることになるのか、損をすることになるのか、

はたまた税務署から否認される可能性があるのか等々

微妙な場合がありますので、

相続税対策の一環としての養子ということであれば、

税理士と綿密に相談する必要があるかもしれません。