名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

債務不履行(契約不履行)責任も、不法行為も、過失がなければ責任を負わないが、過失の立証責任が誰にあるかが異なる

債務不履行(契約不履行)とは、

契約で決めたとおりにしないこと、

例えば、

契約上の履行日(支払日など)に

履行しない(支払いしない)とか、

売買で、売主が、買主に渡した商品が

契約内容に適合しない欠陥品であった

とかです。

このような場合に、相手に損害が発生すれば

損害賠償責任を負います。

 

不法行為は、例えば、

交通事故で相手を傷つけたとか、

何か違法なことをして、他人に損害を与えた

場合です。

 

債務不履行責任(契約不履行責任)については、

 

債務者がその債務の本旨に従った履行を

 しないとき又は債務の履行が不能である

 ときは、債権者は、これによって生じた

 損害の賠償を請求することができる。

 ただし、

 その債務の不履行が契約その他の債務の

 発生原因及び取引上の社会通念に照らして

 債務者の責に帰することができない事由

 よるものであるときは、この限りでない」

民法415条1項ただし書き)

 

として、いわゆる過失がない場合には、

損害賠償責任を負わないとなっています。

 

不法行為については、

 

故意又は過失によって他人の権利又は

 法律上保護される利益を侵害した者は、

 これによって生じた損害を賠償する責任

 を負う」

民法709条)

 

として、過失不法行為の成立要件となっています。

 

両者で異なるのは、

不法行為では、最初から過失が成立要件になっている

のに対して、

債務不履行(契約不履行)責任は、過失がなくても

一応は、成立し、ただし書きによって、

過失がなかった場合には、例外的に責任を負わないよ

という規定の仕方をしているということです。

 

そのため、

不法行為では、不法行為責任を追及する側、

すなわち、損害賠償しろと請求する側に

加害者に過失があったことを証明する立証責任

があることになり、

債務不履行(契約不履行)責任では、

損害賠償しろと請求する側には、

過失の立証責任が無く

損害賠償請求をされる側(債務不履行をした者)

が、自分には過失が無かったということを

立証する立証責任があることになります。