名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

借りた後で賃貸借物件に不具合が発生したとき家賃減額を請求できるか

現行民法では、

賃借物の一部が賃借人の過失によらないで

滅失したときは、

賃借人はその滅失した部分の割合に応じて

賃料の減額を請求することができる

となっています(611条)。

 

しかしながら、滅失以外の場合

たとえば、大雨のために雨漏りがして、

部屋の一部が使えなくなったような場合に、

その使えなくなった割合に応じて家賃の減額

請求することができるのかという疑問に

答えることができる条文がありませんでした。

 

現行民法で規定しているのは賃借物の一部が

「滅失」したときの規定であって、

滅失したわけではないが、

使えなくなったというような場合に

ピッタリな条文がなかったわけです。

 

ところが、改正民法では、

 

「 賃借物の一部が滅失その他の事由により

 使用及び収益をすることができなくなった

 場合において、

 それが賃借人の責めに帰することが

 できない事由によるものであるときは、

 賃料は、その使用及び収益をすることが

 できなくなった部分の割合に応じて、

 減額される

 2 賃借物の一部が滅失その他の事由に

  より使用及び収益をすることができなく

  なった場合において、

  残存する部分のみでは

  賃借人が賃借をした目的を達成することが

  できないときは、賃借人は、

  契約の解除をすることができる。」

 

と変わりました。

 

まず、滅失だけではなくて、

「滅失その他の事由により」と改められ、

様々な場合に対応できる条文になりました。

 

次に、減額を請求することができるではなく、

「減額される」断定的な文言になりました。

法的には、

借主が減額請求しようがしまいが、

当然に「減額される」ということに

なってしまったわけです。