名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士(税理士業務名古屋国税局長通知)と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

相続人の間に特に争いがない場合の円満な遺産分割

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。
当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように
年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。
リアルバリュー法律事務所のHPでも公開しています。

亡くなった方の相続人が多数の兄弟姉妹で、多くの兄弟姉妹が遠方に居住していた案件です。
相続人の間で特別な対立や争いがなかった事案です。

争いがないのなら何も弁護士に頼む必要はないではないかとも思えますが、そのような場合でも問題はあります。
 (1)どのような相続財産がどのくらいあるかを正しく把握するという問題
 (2)相続財産をどのように分ければ平等な分け方になるかという問題
このような問題があるために、相続人の誰かが中心になって遺産分割をした後に、
「平等に遺産を分けていないのではないか」と文句を言い出す相続人が出てきたりします。

この事例では、(1)に関して、被相続人名古屋市以外に不動産を持っているらしい書類が出てきたため、
被相続人が所有している不動産があるのかどうか、ある場合にその所在場所、その不動産の価値
などを調査する必要がありました。
特に、土地について明治時代や大正時代の土地台帳まで調べないと分からない事項があり、
不動産の調査方法に詳しい弁護士でないと適切な調査が相当に難しいものでした。

この事例では、
相続人の一人が「不動産に強い弁護士に遺産分割を依頼し、専門家の力で平等公平な分割になるようにしたい」と
他の相続人たちに了解を取って私に依頼しました。兄弟姉妹の間に特別な争いがなければ、このようなことが可能です。

依頼を受けた私は、被相続人が所有していた不動産を調査するため各地の法務局や市役所の固定資産税課を駈け回ったり、
亡くなった方名義の預金通帳が残っている金融機関に預金の状況確認と預金解約の手続をしたりして相続財産を調査し、
存在が判明した不動産については、老朽家屋を取り壊して更地にしたり、
更地にした土地を売却してお金に換え、各相続人に平等に分配したりして、遺産分割を完了しました。

リアルバリュー法律事務所では、不動産登記、不動産税務、不動産の利用、老朽家屋の取り壊し等々について
定評のある専門家をご紹介できますので、
弁護士の他に税理士、司法書士、不動産業者、建築業者などを御自分で探すという手間も省けます。