名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

多額な立退料を要した判例(その2)

昭和51年(ワ)第10473号、昭和52年(ワ)第7744号
事件名:建物賃借権確認請求、建物明渡反訴請求事件
裁判所:東京地方裁判所
判決日: 昭和56年4月28日 (1981-04-28)
判例要旨:ショッピングセンタービル内の店舗について
     賃貸借期間満了を原因とする右店舗明渡請求訴訟において
     正当事由を補強する趣旨で明渡移転料として
     金1,400万円の支払いと引換えに店舗の明渡が認容された事例
    
   
ショッピングセンターが老朽化し、機能を完全に失ったため、
貸主が出て行って欲しいと言ってきた事案です。
借主(テナント)は美容室を営業していました。
 
この事案では、借主(テナント)は、美容室の実態は別の場所で営業し、
このショッピングセンターの中ではタオルの乾燥場所くらいにしか利用していないため、
裁判所は、借主(テナント)が
このショッピングセンターの中で営業しなければならない必要性は乏しいとしました。
 
そこで、裁判所は、
貸主が1,400万円の立退料を申し出ていたことから、
1,400万円の立退料を払えば、
賃貸借契約解約のための正当事由は具備されるとしました。
 
1,400万円は、賃料のおよそ9年半分でした。