名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

賃貸借と使用貸借との区別

土地や建物を借りている場合に、
それが賃貸借ですと、契約期間が過ぎても契約が自動更新されて住み続けることができ、
貸主に借主を追い出すだけの、よっぽど正当な理由がない限り立ち退きをする必要もありません。
賃貸借では、借主は借地借家法という法律で守られているからです。
  
ところが、使用貸借であるということになると、借主は、借地借家法で保護されません。
 
したがって、賃貸借か使用貸借かということは、名古屋弁で言うと「どえりゃー違い」です。

 
賃貸借か使用貸借かの区別は、賃料の支払いがあるか、タダで貸しているかですが、
借主が貸主にわずかばかりの金銭を支払っている場合、
それが賃料といえるのかが問題となります。
賃料といえれば賃貸借となり、借主は借地借家法で保護されることになります。
  
借主が貸主に支払っている金銭が、借りている不動産の固定資産税額程度の額であれば、
それは単に、借主が負担すべき必要費であると判断され、使用貸借であるとされることが多いです。
 
固定資産税を上回る額で、かつ、通常の賃料としてはかなり安い金銭の支払いがある場合、
賃貸借か使用貸借かでトラブったときには、公的機関の仲裁なり裁判所での調停なり訴訟なり、
公的機関や裁判所などを介した方法でないと決着がつかないということになります。
 
貸主としては、借主から賃貸借を主張されるおそれを取り除いておくためには、
固定資産税など必要費を上回るような余分な中途半端な金銭は受け取らない方が良いかもしれません。