名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

使用貸借契約の成立

軽い気持ちで「タダで貸してやる」と言ったとしても
借主がその土地や建物の使用を始めてしまったら
一応それで使用貸借契約は成立してしまいます。
 
使用貸借契約は、賃貸借契約と同じく
契約書は単に契約したことを証明する資料にすぎず、
契約書がなくてもかまわないからです。
   
ただ、賃貸借契約の場合は、敷金や賃料の額、賃貸借期間など
きちんと決めておかないと、すぐにもトラブルが発生しますので
契約書をきちんと作ることが多いです。
仲介業者が絡む賃貸借は、ほとんど契約書をきちんと作るでしょう。
  
これに対して、
使用貸借はタダの貸し借りであり、
また、仲介業者を介して契約することもほとんどないため、
たまたま自分が使ってない土地や建物がある場合に
親しい人から「ちょっと使わしてくれない?」と頼まれると
軽い気持ちで「いいよ」と言ってしまうことが結構あります。
 
そんなわけで、使用貸借契約は賃貸借契約とは異なり、
契約書を作らない、口約束だけの場合が割合として多いということになります。