名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

リアルバリュー法律事務所での解決実例

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(4)

当事務所には、他の事務所や無料相談センターなどで 一度相談した後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない様子 だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方が結構おられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も多いです) そんな…

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(3)

リアルバリュー法律事務所には、 他の事務所や無料相談センターなどで 一度相談した後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない様子 だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方が結構おられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も…

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(2)

リアルバリュー法律事務所には、 他の事務所や無料相談センターなどで一度相談した 後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない 様子だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方が結構 おられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も…

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(1)

リアルバリュー法律事務所には、他の事務所や 無料相談センターなどで一度相談した後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない 様子だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方がおられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も多いで…

相手方弁護士が同時決済を知らなかった

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。 当事者の特定を避けるため、 いつ頃の案件かが分からないように年月日などは 伏せます。 また、事案の本質を変えない程度に事実関係を 変えてあります。 土地・建物についての所有権の所在などに争いが あり、 …

購入した家がシロアリに侵されていた

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。 当事者の特定を避けるため、 いつ頃の案件かが分からないように年月日などは 伏せます。 また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えて あります。 中古の木造家屋を購入したところ、 しばらくして家の廊下…

マンションの固定資産税評価額を争うも・・・

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。 当事者の特定を避けるため、 いつ頃の案件かが分からないように年月日などは 伏せます。 また、 事案の本質を変えない程度に事実関係を変えて あります。 マンションの固定資産税評価額がおかしいと いうことで…

占有移転禁止仮処分で延滞借主が退去

訴訟などの本来の手続の前提となる処分の段階で 解決が付いた事案です。 通常、家賃滞納の借主を退去させるためには、 家賃滞納を理由として賃貸借契約を解除し、 解除の結果、借主が物件に滞在する理由がなくなる ので、 物件の明渡を求める訴訟を提起した…

共有物分割調停で不動産の価格に関する意見書を提出して決着

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが 分からないように年月日などは伏せます。 また、事案の本質を変えない程度に事実関係を 変えてあります。 親が亡くなった後、土地について、 兄と妹が2分の1ずつの…

遺留分減殺請求で不動産鑑定評価書を提出して有利に

これも遺留分減殺請求に関する事案です。 この案件は、私の依頼人が原告として 遺留分減殺請求の訴えを提起したものです。 姉妹のうち、姉が遺言によって全ての相続財産を 相続することになった案件で、 その遺言書も姉が無理矢理に書かせたのではないか と…

遺留分減殺請求に対して不動産鑑定評価を提出して決着

父親が亡くなり、遺言書で兄が全ての財産を 相続した案件です。 弟から遺留分減殺請求がありました。 私が依頼を受けたのは、遺留分減殺請求された兄から でした。 リアルバリュー法律事務所のHPでも紹介しています。 遺留分とは、 遺言書で特定の相続人に…

相手方の証拠偽造?により勝訴

相手方が証拠偽造まがいのことをやってくれた ために勝訴した事案があります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも紹介して います。 ある不動産を○○の目的のために購入したのに、 その不動産では○○できないことが分かったので、 買主が損害賠償請求したと…

相手方の誤った主張により勝訴?

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。 当事者の特定を避けるため、 いつ頃の事件か等々が分からないように 年月日などは伏せ、また、 事案の本質を変えない程度に事実関係を変えたりして ます。 リアルバリュー法律事務所のHPでも紹介しています。 …

遠方の裁判所に訴えられた

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

他の相続人から相続財産を横領したと邪推される

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

遺産分割で土地を現物分割

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

時効取得で勝訴

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

施工ミスがあるのに施工代金を請求された

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

遺留分減殺請求の金額を1,000万円減額

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

大家さんの勘違い(定期借家)

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

地主さんの勘違い(定期借地)

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

ATMで送金先を間違えた!

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

広大地をより高く売却

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

600万円を超える請求を100万円に500万円以上減額させることに成功

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

相続人の間に特に争いがない場合の円満な遺産分割

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

隣の土地の大木が自分の建物に倒れこんできた

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

賃借人が借りている部屋を勝手に改造したため立ち退き請求

リアルバリュー法律事務所での最近の解決事例を紹介していきます。 当事者の特定を避けるため、いつ頃の事件かが分からないように 年月日などは伏せます。また、事案の本質を変えない程度に事実関係を変えてあります。 リアルバリュー法律事務所のHPでも公開…

記事転載のお知らせ

前に、ブログ記事をリアルバリュー法律事務所のHPに引っ越しますと 御連絡しましたが、 今後は、適宜、こちらの方にも解決事例を転載していく予定なので よろしくお願いいたします。

本人訴訟で失敗する例

弁護士に依頼しないで自分自身で訴訟追行するのを本人訴訟と言います。 この本人訴訟でありがちなのが関係ないことに一生懸命になるということです。 例えば、原告から「貸したお金を返せ」という訴訟を起こされて被告になった場合、 問題になるのは、 ① お…

こだわりすぎて失敗する例

調停や訴訟では常に自分の良い方向に手続きが進むとは限りません。 うまく行かない例として、こだわりすぎて失敗する例があります。 (事実関係は本質を変えない範囲でデフォルメしてあります) 例えば、賃貸借契約で借主が契約の目的外使用をしたために 契…