名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士(税理士業務名古屋国税局長通知)と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

2019-03-18から1日間の記事一覧

占有移転禁止仮処分で延滞借主が退去

訴訟などの本来の手続の前提となる処分の段階で 解決が付いた事案です。 通常、家賃滞納の借主を退去させるためには、 家賃滞納を理由として賃貸借契約を解除し、 解除の結果、借主が物件に滞在する理由がなくなる ので、 物件の明渡を求める訴訟を提起した…