名古屋の相続・不動産専門弁護士が相続・不動産トラブルを解決!         

弁護士(税理士業務名古屋国税局長通知)と不動産鑑定士の2つの資格を持つ相続と不動産に強い専門家です。

例の山口県阿武町の誤送金の件についてテレビでいろんな弁護士が適当なことを言ってますが

例の山口県阿武町の誤送金の件 について、 テレビで、いろんな弁護士が ずいぶんと適当なことを発言している ようです。 たとえば、 自分が容疑者の弁護をするなら 誤送金をした町にも責任があるので 容疑者は被害者的な立場もあると 主張するとか。 誤送金…

最高裁判所は路線価を否定していません

不動産の時価と路線価の乖離を利用して、 時価よりも路線価が相当に 安くなっている不動産を借入金で購入し、 相続にあたって、 不動産を路線価で評価し、不動産を 購入した借入金を差し引いて 相続税を0円とした事例について、 国税当局が、路線価による評…

またまた、羽鳥慎一モーニングショーに出ました

今朝も羽鳥慎一モーニングショーで 取りあげられました。 この案件は、連日、ワイドショーなどを 賑やかしているようです。 当事務所にも、テレビ局などから、 連日、取材の電話等が来ています。

今朝も羽鳥慎一モーニングショーに出ました

今朝も羽鳥慎一モーニングショーの フリップに顔写真とコメントが掲示 されました。 番組としては、懲役何年になるという 内容が欲しかったようで、 取材に際しては、可能性として色々と お話ししましたが、 簡単にまとめるとこうなってしまう んでしょうね…

赤やピンクのバラが咲き誇る

事務所の看板のところに 赤いバラやピンクのバラが 咲き誇ってます。

羽鳥慎一モーニングショーに出ました

今朝の羽鳥慎一モーニングショーに 写真付きの吹き出しコメントが出ました。 ただ、ボードを見ると、 弁護士費用も含めて全額返済の判決になるのでは とありますが、 弁護士費用まで、相手の負担になることは 原則ありません。 弁護士費用を敗訴者に負担させ…

テレビ朝日の「グッド!モーニング」に出ました。

今朝、テレビ朝日の 「グッド!モーニング」に出ました。 コメントが紹介された だけですが、 私の顔写真付きで 「リアルバリュー法律事務所の 梅村正和弁護士によると ・・・・・・・ 」 という形で紹介されました。 内容は、山口県阿武町で、一つの世帯に 全世帯…

山々が霞み、鳥が水に遊ぶ

昨日は、岐阜市の郊外を廻って 不動産調査などをしていました。 雪やみぞれが結構な激しさで舞う 天候で、山々には霞がかかっていました。 こんな天候でも、 鳥たちは、水路で餌取りなどを しており、 野生動物の強さをまざまざと 感じました(人間が弱いだ…

「公認 不動産コンサルティングマスター」の認定証

史上最低の合格率だった昨年の 不動産コンサルティング技能試験に 合格したので登録手続をしていましたが、 先日、 公認 不動産コンサルティングマスター (国土交通大臣登録証明事業)の認定証 が届きました。 宅建士又は不動産鑑定士又は1級建築士 の不動…

宅地建物取引士資格登録

1月に宅建士の登録実務講習を 受けたので、 資格登録を一応しました。 (宅建業をやるというわけでは ありませんが)

「羽鳥慎一モーニングショー」の取材

テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」 から12月に取材を受けてました。 内容は、土地区画整理の法律問題に 関してです。 換地処分の際の清算金の金額が膨大に なってしまった件についてでした。 12月2日に放送されたものに使われた ようですが、 テレビ…

公認不動産コンサルティングマスター資格を登録

1月14日に合格発表があった 公益財団法人不動産流通推進センターの 公認不動産コンサルティングマスター資格を 登録しました。 登録証の発行は、もう少し(かなり?)先に なる模様です。

不動産コンサルティング技能試験に合格しました

公益財団法人不動産流通推進センターによる 「不動産コンサルティング技能試験」に 合格しました。 不動産コンサルティング技能試験は、 宅地建物取引士又は不動産鑑定士又は 1級建築士の資格者で実務に従事しているか 実務に従事する予定のある者に受験資格…

宅地建物取引士の登録実務講習を修了しました。

昨年、宅建士試験に合格したので、 登録実務講習を受講し、 修了試験に合格してきました。 講習は、2日間に渡り、 12時間(休憩時間を除いた 正味の講義時間)の講義の後、 修了試験が行われました。 修了試験の試験時間は、1時間でしたが、 15分程度で全問…

宅地建物取引士試験に合格しました

10月に宅建士試験を受験していましたが、 合格しました。 弁護士兼不動産鑑定士なので、合格する のが当たり前と言えば当たり前なのですが、 試験日前の3日間、図書館にこもって テキストと過去問集をまわし、 何とか40点を取って合格しました(合格点 は、3…

仲介した物件に欠陥があったために損害賠償請求された宅建業者さん。完全勝訴のはずだったが。

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。 当事者の特定を避けるため、 いつ頃の案件かが分からないように年月日などは 伏せます。 また、事案の本質を変えない程度に事実関係を 変えてあります。 この案件は、建物売買を仲介した宅建業者さんが 損害賠償…

不動産を売ったら、瑕疵担保責任(契約不適合責任)を理由に、契約解除で代金返還請求されただけでなく、勤務先までもが損害賠償請求された事例

リアルバリュー法律事務所での解決事例です。 当事者の特定を避けるため、 いつ頃の案件かが分からないように年月日などは 伏せます。 また、事案の本質を変えない程度に事実関係を 変えてあります。 個人として販売した建物に欠陥があったため、 買主から契…

寄与分の主張に関する家庭裁判所からの指導

平成30年民法等(相続法)改正において、 特別の寄与の制度(民法1050条)が設けられました。 特別の寄与の制度とは、 亡くなった人に対して無償で療養看護その他の 労務の提供をしたことにより亡くなった人の 財産の維持又は増価について特別の寄与をした …

相続税申告の代理業務を行いました

珍しく、相続税申告の代理業務を行いました。 リアルバリュー法律事務所では、基本的には、 税務申告の代理業務はしないのですが、 受任した業務の色々な関係で、 うちが代理人として相続税申告をしなきゃあなという 事態になったものです。 税務署のシステ…

実は裁判所の判決にも間違いが

今まで、不動産のことをよく知らない弁護士に 相談した例を挙げてきたが、 実は、裁判所の出した判決文にも明らかな 間違いがあったりする。 たとえば、 東京地方裁判所平成10年10月7日 民事部第30部判決 この判決は一審で確定しまい、 しかも、司法の世界で…

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(4)

当事務所には、他の事務所や無料相談センターなどで 一度相談した後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない様子 だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方が結構おられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も多いです) そんな…

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(3)

リアルバリュー法律事務所には、 他の事務所や無料相談センターなどで 一度相談した後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない様子 だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方が結構おられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も…

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(2)

リアルバリュー法律事務所には、 他の事務所や無料相談センターなどで一度相談した 後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない 様子だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方が結構 おられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も…

不動産のことをよく知らない弁護士に相談した例(1)

リアルバリュー法律事務所には、他の事務所や 無料相談センターなどで一度相談した後に、 「相談した弁護士が不動産のことをよく知らない 様子だったので」と セカンドオピニオンを聴きに来られる方がおられます。 (そのまま当事務所に依頼される方も多いで…

不動産鑑定業者の更新登録をしました。

不動産鑑定業者は、5年ごとに 業者登録の更新が必要です。 リアルバリュー法律事務所も 先日、更新登録を行いました。

定期借家契約書を作って契約しても定期借家にならない。

まず、一般の普通借家ですが、 普通借家の場合は、契約書で契約期限を定めても、 契約期限が到来した場合には、 借家契約は、自動的に更新され(法定更新と言います) 大家には、契約更新を拒絶する権利が原則として ありません(正当事由という特別な理由が…

ハザードマップの説明が加わった重要事項説明書の書式

前の記事に、宅建業者の重要事項説明に 水害ハザードマップの説明が加わったと 書きましたが、 水害ハザードマップの項目を付け加えた 重要事項説明書の参考書式が国土交通省から 公表されています。 国土交通省公表の重要事項説明書の参考書式 はこちら こ…

宅建業者による重要事項説明にハザードマップの説明が加わった。

宅建業者は、物件の買主や借主に重要事項説明と いうものを、宅建士にさせなければなりません。 この重要事項説明で説明しなければならない事項が 昨年、増えました。 すなわち、昨年の7月17日に、 「不動産取引時において、水害ハザードマップにおける 対象…

納め過ぎた登録免許税の還付請求が認められたことがある。

登録免許税とは、登記申請をする際に納める税金 で、 登記申請書に登録免許税に相当する額の証紙を 貼って登記申請することになります。 不動産の種類等によって決まった金額の証紙を 貼るだけなので、 明らかな計算間違いなどでない限り、 税額算定の解釈の…

兄貴が「相続分のないことの証明書」という書類を送ってきた。どうする?

親が亡くなると、兄弟から 「相続分のないことの証明書」という書類を 送ってきて、 これに署名押印して返送してくれと言ってくる ことがあります。 これに署名押印してしまうと、 自分は、親から十分なものを生前にもらっている ので、 親から受け継ぐ財産…